【Java】アナグラムの生成ロジックの検証(「かとうあい」「あとうかい」のモンテカルロ法による実験)

前回のつづき 自分で作ったアナグラム生成ロジックが ほんとに正しく機能しているのか確かめるべく 暇つぶしついでに少し実験をしてみた。 実験内容は 「かとうあい」を入力としてアナグラム生成ロジックを適用した後、 「あとうかい」を得られる確率は理論値に近似するか というくだらないものである。 「かとうあい」と「あとうかい」がアナグラムの関係になっているのは アナグラムに…

続きを読む

「虫食算」をプログラミングで解いてみよう

昔とある数学サイトに下記のような虫食算が公開されていた。          A         AB        ABC       ABCD      ABCDE     ABCDEF    ABCDEFA + ABCDEFAB --------------------   ALPHABET A、B、C、D、E、F、L、P、H、Tがそれぞれ異なる1桁の数…

続きを読む

ストレイテナーと確率10続々(トリビュート12曲12アーティスト全組み合わせをつくろう)

「ストレイテナーと確率10」の関連。 正確に言うと本項は「確率」についてはほとんど語らないが、 関連する話題としてタイトルを付けさせていただいた。 12の曲に12のアーティストが参加するという、ストレイテナートリビュートアルバム「PAUSE」。 このとき、どの曲をどのアーティストが担当するかという、 その組み合わせの総パターン数は12!=479001600である。 ”この「4…

続きを読む

ストレイテナーと確率10続(テナートリビュートの6問以上正解確率)

続き。 (前半はこちら) ストレイテナー20周年企画トリビュートアルバム「PAUSE」における、 参加曲&アーティスト12の組み合わせのうち、正解の組み合わせ1つを当てる確率は、 理論値では1/12!=2.09×10-9であることがわかっている。 これは宝くじで1等を当てる確率の約1/50であり、むちゃくちゃ低確率である。 前回の記事では、これをシミュレーションしようとしてプ…

続きを読む

ストレイテナーと確率10(トリビュートアルバムの正解確率)

ストレイテナー20周年企画のトリビュートアルバム「PAUSE」には、 過去の12の楽曲に対しそれぞれ(テナー本人を含め)12のアーティストが参加する。 公式サイトではこれの組み合わせを当てる参加型クイズ企画が開催されている(2017年9月末まで)。 テナーファンのみなさんは過去の経験やアーティスト間の関係性等により皆予想をたてており、 実際そうした経験則や知識に基づく予想により、闇雲…

続きを読む

【Java】Twitter4jを使ってひなっちのおはっちをさーちして遊んだっち!

別にここであえて語るまでもないことだが、「ひなっち」とは、 ロックバンド「ストレイテナー」「Nothing's Carved In Stone」「Fullarmor」「Killing Boy」のベーシスト「日向秀和」氏の愛称である。 (以後、本項では「ひなっち」と記載させていただく) ひなっちは基本毎日ツイッターで「おはっち」という挨拶を心がけており、 それに対してファン(フォロワー)の…

続きを読む

【MONOEYES】Run Run連続再生の確率

A Mirage In The Sun - MONOEYES 実はMONOEYES「A Mirage In The Sun」収録の「Run Run」を、俺は2曲持っている。 A Mirage In The Sunを購入するよりも前にiTunesでRun Runだけ購入してしまったのである。 その後になってA Mirage In The Sunを購入・iTunesライブラリにインポー…

続きを読む

暇つぶしのリーマン積分

暇つぶしでSin(x)を0⇒πまでリーマン積分するJavaプログラムをつくった。 引数に刻み幅(100とか1000とか)を渡すとその間隔でπを割ってリーマン和を取り、 結果を標準出力する。 public class HimatubusiSinXIntegrate { public static void main(String[] args) { try { …

続きを読む