【EXCEL】VLOOKUPではできない検索値の左側にある列の値を取得する数式をMATCHとINDEX、INDIRECTで自作

EXCELのVLOOKUPは与えた検索値を指定範囲から探し出して、指定した列番号の位置の値を取得する関数である 例えば以下↓のようなシート ABC 1SEXNAME_IDNAME 2男AAさんです。 3女BBさんです。 4男CCさんです。 5IDを入力⇒※ があったとき、B2:C4までを検索範囲として ABC 1SEXNAME_IDNAME …

続きを読む

SUMPRODUCTによる条件付き集計

よく知られてるところだが 個人的にいつか忘れたときのための備忘録とする (SEメモは全部そうなんだが) EXCELの関数SUMPRODUCTは本来配列の積を求める役割の関数だが 配列を0と1だけにして残りを本来の配列に指定すると 条件付きの総和を求めることができる。 たとえば元表が以下の通りであったとする このとき、 =SUMPRODUCT(((B2:B5)=0)…

続きを読む

EXCELマクロ構文

MSGBOX("TEST") "TEST"と表示(JSのalertみたいなかんじ) デバッグ用の状況表示によく使う。 あとは終わったかどうかわからないマクロの終了を告げるため等。 ワークシートセル内ループ処理 ①Dim wk_idx As Integer ②Set WS = Thisworkbook.worksheets("Sheet1") ③wk_idx = 1 ④Do W…

続きを読む

EXCELのショートカットキー

Ctrl+; 現在日付を取得 Ctrl+: 現在時刻を取得 Alt⇒Fキー⇒Aキー(EXCEL2010) 「名前を付けて保存」 Alt⇒Mキー⇒Vキー(EXCEL2010) 数式の検証

続きを読む