ストレイテナーと確率2

前回の続き(?)で再び「iPhoneシャッフルでストレイテナーを再生」するときの考察をしてみる。 今回は「60分という制限時間内でどのアルバム・曲が一番聴かれる可能性が高いのか?」という点に着目してみたい。 この「60分」という制限時間は前回書いた通り俺の会社への出勤(または帰宅)にかかるDoorToDoorの時間とほぼイコールである。 要するに「1回の出勤においてシャッフルで曲を聴いた場…

続きを読む

ストレイテナーと確率(iPhoneシャッフルとはぐれメタルを仲間にする確率との対比考察)

通勤や帰宅時、または一人での外出時では、 基本的にiPhoneのシャッフル機能を使ってストレイテナーをアーティスト選択して再生している。 シャッフル再生というのが、”完全にランダムに曲順を決めている”という前提だと、 極稀に「おお…この曲が連続して流れるのって結構レアなんじゃあねーかッ!」と思う組み合わせに遭遇することがある。 ただいつもは数値的にそのレア度を評価したわけではないので、そ…

続きを読む

【ORACLE】FOR UPDATEの勘違いと真実(今さら)、あと実験

Oracleの「FOR UPDATE OF TABLE.COLUMN」は、指定した項目を基準としてレコードの排他をかける構文だと思ってたが、 SELECTの対象が複数存在する場合にどのテーブルをロックするかを指定するもとの情報らしくて、 SELECT対象が1テーブルだけだとあまり意味がないらしい。 また、仮に複数あったとしても、「そのテーブルを(ロックする)」という意味しか持たず、 項目…

続きを読む

【UNIX】evalコマンドについて

動的にコマンド文字列を作って実行したい場合、そのまま文字列を書いて「`」で評価すると、 コマンド文字列内になる「'」がえてして邪魔になるときがある。 これを回避するために個人的にはよくevalを使う。 例えば以下のようなケースではうまい具合にコマンドが実行されない↓ for i in `seq 0 31`;do cmd_wk="date +%Y/%m/%d --'""$i d…

続きを読む

【HTML】IMGタグに画像データ文字列を指定して、直接画像を埋め込む(+JAVAによるBASE64エンコードの方式)

HTMLのIMGタグのSRC属性には、通常外部の(自分自身のHTMLファイルとは別の)画像ファイルを指定するのだが、 画像のデータを示す文字列を指定することで、 外部の画像ファイルを使用せずに自身のHTMLファイル内で「画像」データを再現できる。 ※ただしその分、HTMLファイルの容量自体が膨らむ。 特定の静的HTMLコンテンツがそれだけで完結していて、 外部の画像を読み込むような隙が…

続きを読む

iOSアップデート

iOSを7から8にアップデートした。 BB2Cの動きとかに一部不満(不安?)を覚える部分が多くなってきたので。

続きを読む